M字はげを治したい時は専門医に相談 | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

M字はげを治したい時は専門医に相談

青春時代は健康そのものでも、年齢が進むに従って体に何らかの症状が出てくることもあります。特に男性の場合はAGAもその代表格です。これは男性型の脱毛症のことですが、AGAは病院で治療が受けられるため、薄毛でお困りの際は専門医に相談してみましょう。とは言え副作用も気になる場合がありますから、ここでは副作用の話を中心に、薄毛治療の情報をお届けします。

AGAなら病院で薄毛治療が受けられます

好きで薄くなる人は少ないでしょうが、年齢が進めば自然と寂しくなるのが頭髪です。中には幾つになってもフサフサの方がいらっしゃいますが、その反面、早くから薄毛が進行するケースも見られます。薄毛にはAGAと呼ばれる男性型脱毛症もあり、病気の一つになっています。そのためAGAの方はセルフケアを行いましても、病気である以上、満足できる結果が得られなくても不思議ではありません。しかしAGAなら病院で治療が受けられますので、再び頭髪が復活するチャンスがあります。先ずは自分の薄毛がAGAかどうか判断するためにも、専門医などへ訪れて診断してもらうと良いでしょう。

薄毛治療の処方薬で考えられる副作用

AGAでは薬を使って薄毛治療を進めていきます。プロペシアも広く処方される薬ですが、薬である以上、効果たるベネフィットが存在すると同時に、副作用たるリスクも存在します。一般的にプロペシアの副作用は、主に勃起能力の下降と、性欲や精子量の減衰が挙げられています。薬の副作用は個人差が大きいため、副作用が出る人もいれば、言われるほどの副作用を自覚しないこともあるでしょう。ただし子づくりなど、家族を増やす計画がある時は、万一に備えて治療を控えておいた方が良いと言えます。そして、子づくりを終えてから、再び治療をスタートしましょう。

現在血圧コントロールの治療を受けている場合

そのほか、ミノキシジルもAGA治療ではメジャーな処方薬です。これは本来高血圧の治療のために使用されていた薬ですから、副作用としては血圧が下がる症状が挙げられています。このため循環器内科など、医師の下で血圧コントロールの治療を受けていましたら、AGAの医院ではその旨を伝えることが肝心です。その際はお薬手帳などを持参して、現在処方されいる薬を忘れずに告げておきましょう。服用中の血圧下降薬に加えてミノキシジルを利用した場合、相乗効果で血圧が下がり過ぎることがありますので、留意しておきたいポイントです。

まとめ

男性型脱毛症のAGAは病気でもありますから、医師の下で治療を受けることが得策です。治療には薬が処方されますが、副作用もありますので、適宜留意が必要です。そして、ほかの病院で治療中の方は、その旨や処方されている薬をAGAの医院に伝えることが大切です。




このページの先頭へ