AGA治療にはどんな種類があるのか | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

AGA治療にはどんな種類があるのか

男性型脱毛症と言われているAGAには、一体どのような治療法があるのでしょうか。病院にきちんと言って治療をした方がよいのか、市販薬などでも十分に治療が可能なのか、薄毛が気になる人は是非チェックをしてみましょう。

治療薬を服薬したり、塗布して治す

AGAの治療で最も多いのが、発毛や育毛を促してくれる治療薬を服用するか、外用薬を頭皮に塗布するという方法です。代表的なものとして、プロペシアなどが挙げられます。また、ミノキシジルという外用薬も代表的です。頭皮の血行を良くしたり、毛母細胞に直接刺激を与える事で、発毛を促してくれます。市販薬でも売ってはいますが、自分の薄毛の状態をきちんと把握したうえで治療薬を使った方が、より効果的です。また、薬の種類によって用量用法が異なってきますので、適当に使った所で効果を実感するのは難しいと言えるでしょう。使い方を間違えると、薄毛を悪化させる恐れもありますので、気を付けましょう。

AGA専門外来などに通って施術をしてもらう

そして二つ目の治療法は、AGA専門外来や薄毛外来などに通って、直接施術をしてもらうという方法です。成長因子と呼ばれる栄養分を直接頭皮に注入して、育毛や発毛を促してくれるメゾセラピー療法やHARG療法などが有名です。また、髪の毛を毛根から採取して、毛根の無い部分に移植をする地毛植毛という治療法もあります。植毛は皮膚トラブルを起こしやすいというデメリットがありましたが、自分の毛髪であれば、自身の細胞を移植するので、皮膚トラブルを引き起こす可能性は少なく、非常に安全です。かなり深刻なAGA症状に悩んでいると言う人は、施術をしてもらう事も視野に入れましょう。

医師の診断を受けて、正しい治療を心掛けよう

治療薬を使った治療も、施術をしてもらう治療も、どちらも間違った判断をする事で、皮膚トラブルや薄毛の悪化などを招く可能性があります。ですので、まずはしっかりと自分の薄毛の症状がどんなものなのかを把握するためにも、医師の診断を受けるようにしましょう。薄毛の治療となりますと、なかなか腰が上がらなくてクリニックに行きたくないという人もいるでしょう。ですが、悪化をする前に治療をすれば、薄毛を食い止める事が出来る可能性もあります。あの時きちんと行っておけばよかったという事のならないように、思い立ったらしっかりとクリニックに行くようにしましょう。

まとめ

AGAの治療は、主に治療薬を使った方法とクリニックに行って施術を受けるという方法があります。自分の今の症状によって、何が一番最適なのかというのは異なります。必ず医師の診断を受けるようにして、自己判断で治療をしないようにしましょう。




このページの先頭へ