これってAGA?AGAをセルフチェックする方法を教えます | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

これってAGA?AGAをセルフチェックする方法を教えます

aga
AGAの判断基準として存在するのが、耳の穴と頭頂部を一直線で結び、その線とこめかみの生え際の部分、この距離が2センチ以下であればAGAであるとされています。しかし、鏡で見ながら、こうした測定をするのは大変難しく、結局のところは医師に診てもらうことになりますが、その前にセルフチェックしておくことも可能です。

AGAの症状として、頭頂部もしくは生え際から薄くなり、頭の両サイドや後頭部から薄くなるということはあまりありません。前兆として言われているのが、毎日多くの抜け毛がある、その抜け毛がどれも細く、弱々しい、髪の毛の量が減った印象がある、髪の毛が全体的に細い、髪の毛が柔らかいなどです。

通常であれば、髪の毛は黒々と強さとハリが見られるのですが、AGAになると髪の毛に栄養がいかず、弱々しい髪の毛になりがちです。こうした前兆に加え、自分の家族に髪の毛が薄い人がいる場合や思春期の頃からどうも髪の毛が薄くなり始めてきたということが合致した場合にはAGAであることが考えられます。

もちろん、薄毛、もしくは脱毛の要因としてAGA以外にも色々な症状があります。皮脂の過剰分泌で炎症を起こし脱毛してしまうものや、薬物投与によって髪の毛が抜けてしまった人など様々です。自分はAGAなのか、それとも別の脱毛症なのか、セルフチェックで確認することに加え、それでも気になった場合には医師に診てもらい、判断を下してもらうことが必要です。




このページの先頭へ