あなたのハゲがAGAであるならプロペシアとミノキシジルで治療できます | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

あなたのハゲがAGAであるならプロペシアとミノキシジルで治療できます

Minoxidil-propecia
AGAは遺伝子検査を受ける事で症状を特定する事が出来ると言われています。
専門の病院では薄毛に悩む男性の遺伝子検査を実施し、症状を特定した上で患者さんの薄毛の進行具合や頭皮の状況などに応じて治療法を定めてくれます。

また、多くの専門病院ではプロペシアとミノキシジルの2つの医薬品が処方されて治療を行う事になります。
プロペシアは薄毛の症状を引き起こすテストステロンとの結びつきを行う5α-還元酵素を阻害する医薬品で、プロペシアを服用する事で髪の毛の毛周期が正常な状態になるため、症状が起きていた時とは異なり、抜け毛を防止する事が出来ます。

また、抜け毛を防止出来る事で髪の毛は徐々に増えて行くことになるため、脱毛症を克服させることが出来ると言うメリットを持ちます。

但し、プロペシアは5α-還元酵素を阻害する作用により、毛周期を正しくする効果を期待出来ますが、髪の毛を太く長く伸ばすと言う作用は在りません。

髪の毛を太く長く伸ばすためには、育毛作用が必要であり、育毛剤として処方されるのがミノキシジルと言う医薬品になるのです。

AGAの専門病院が2つの医薬品を処方する理由は、発毛はプロペシアで、育毛はミノキシジルでと言った使い分けをするためであり、ミノキシジルを処方する事で育毛効果を期待する事が出来るため、髪の毛は太く長く伸びるようになると言う事です。

尚、ミノキシジルは血管拡張の作用を持つ医薬品で、女性でも使用することが出来ます。




このページの先頭へ