遺伝の状況を知れば対策もとりやすい | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

遺伝の状況を知れば対策もとりやすい

薄毛は遺伝で起こりやすくなるとされています。その時、あきらめるのではなく、早めに対処することを考えると良いでしょう。対象の人が薄い場合、洗髪や食生活などを考えてケアすることで、薄毛を遅らせられるかもしれません。

父親を見れば自分の将来も予想できるか

子供は、親から生まれます。親のいろいろな部分を引き継ぐとされていて、顔などが似ることは良くあります。その他、内臓の強さなどが似てしまうことがあります。となると、病気のなりやすさが引き継がれることになり、同じ病気になることもあります。では、薄毛は遺伝するかですが、することがあるようです。となると気になるのは、自分の父親の状況でしょう。若いころからあまり濃くなかった、今濃くないなどを見てがっかりするかもしれません。実はあまり父親の状況は影響しないとされています。父親が薄いから自分も薄くなるとは限りません。

母方の祖父の様子を見ると将来がわかる

自分自身がいるとき、必ず父親と母親がいます。そして、父親母親にもその父親母親がいます。自分自身にとっては祖父、祖母に当たる人です。一人に対して、祖父と祖母は2人います。この時には、父方なのか母方なのかが問われることがあります。薄毛は遺伝するとされていますが、最も影響を受けやすいのが母方の祖父の状況とされています。今の状況を見るよりも、若い時の写真などを見せてもらいましょう。薄くなっていたら、自分自身にもそれが伝わるかもしれません。わかっているなら、早めにケアをすることで防げる場合もあります。

より細かく調べると原因もわかってくる

男性型の薄毛の原因として、男性ホルモンが影響しているとされます。実際には、男性ホルモンの中のある物質が影響しているとされ、それが多い場合に薄くなりやすいとされます。その成分を親が持っている場合に引き継がれる可能性が出てきます。これまでは、母方の祖父が薄ければといわれていましたが、必ずしもそれだけではない可能性があります。母方の祖父から母に引き継がれ自分に来るケースと、父親から自分に来るケース、どちらからも来るケースがあります。母方の祖父も父親も薄くなければ可能性は低くなりますが、どちらもだとかなり可能性が高くなりそうです。

まとめ

薄毛になる原因として、遺伝があるとされています。一般的には、母方の祖父が薄い場合に自分も薄くなりやすいとされています。もちろんすべての人が影響するわけではなく、しやすくなることを知っておくと良いでしょう。




このページの先頭へ