血液や男性ホルモンに影響する恐れ | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

血液や男性ホルモンに影響する恐れ

たばこを吸うと気分が良くなるように感じますが、実際には体に悪影響を与えています。血流を悪くしたり、男性ホルモンを過剰にさせたりと薄毛の原因をどんどん作っている場合があり、気を付けないといけないでしょう。

血流が悪い場合に栄養分が行き渡らない

人の体が正常に動くには、必要な栄養分が必要なところに届く仕組みがいります。栄養分は食事などからとりますが、それらの栄養分は、何で各場所に送られるかです。それは血管です。そしてその中の血液の中に栄養分や酸素などが含まれることで、全身に送ってくれます。もし血流が悪くなれば、栄養分が行きわたりにくくなって、異常が出る可能性があります。薄毛の原因としてたばこがありますが、これは、血流を悪くするからとされています。酸素なども送ることができないため、頭皮が健康的でなくなります。辞めることで、改善できる可能性があります。

男性ホルモンを増加させたりバランスを悪化

男性ホルモンは、男性にも女性にもあります。そのバランスによって、男性らしさ、女性らしさが決まるとされています。男性だから男性ホルモンだけあれば良いわけではなく、適度に女性ホルモンがないといけません。男性ホルモンが過剰になったり、バランスを崩すようになると、薄毛になる場合があります。治療方法として、男性ホルモンの抑制をする薬を投与することがあります。たばこが男性ホルモンを増加する原因なっている場合があり、過剰にしたりバランスを崩すことがあります。辞めることで、正常に戻ることもあるでしょう。

体にとって良くない活性酸素が増える

酸素は、呼吸をするときに非常に重要です。その中には活性酸素と呼ばれるものがあり、体にとって良くないものを排除するのには必要とされます。ただ、あり過ぎるのも困ります。体に必要なものも排除したり、悪影響を及ぼしたりするので、過剰な状態になると体調を悪くすることもあります。薄毛の原因としてたばこが取り上げられることがありますが、それは、たばこによって活性酸素が増えるためとされています。活性酸素が増えると、頭皮の皮脂を過剰にしたりして頭皮の環境を悪くすることがあります。禁煙することで、その状況を解消できるかもしれません。

まとめ

たばこは、害はあっても利はないとされます。それが原因で薄毛になっていると知ったら、多くの人が辞めるかもしれません。何が原因で髪の毛に影響するのかを知ることによって、辞めることができるでしょう。




このページの先頭へ