薄毛治療の種類とその選び方について | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

薄毛治療の種類とその選び方について

最近では、性別を問わず薄毛に悩む人が増えていると言われています。そんなときは手軽に利用できる育毛剤などもありますが、根本的な治療が必要な場合は専門のクリニックに行くことをお勧めします。ここでは、さまざまな種類の薄毛治療の内容とその選び方について書いていくつもりです。

治療薬を使った治療にはこんなものがあります

薄毛の原因は、男性の場合は男性ホルモンや遺伝が関係するAGA(男性型脱毛症)が多く、女性の場合は女性ホルモンの減少が関係する脱毛が多いと言われています。AGAの治療薬を使った治療では、一般的には内服薬のプロペシア(フィナステリド)と外用薬のミノキシジルが使用されます。プロペシアはAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の抑制効果を持ち、脱毛を防ぐ働きがあります。一方、ミノキシジルは頭皮の血行を改善し、毛母細胞を刺激して発毛を促進する効果を持っています。そのため、この2つの治療薬を一緒に使用することは、薄毛に対する効果的な治療法と言えます。また、女性の場合では女性ホルモンのバランスを整える内服薬などが使用されることになります。

施術による治療法としてはこんなものがあります

AGAの場合は、治療薬の服用や塗布だけでなく、育毛に有効な成分を直接頭皮に注入する治療法も行われています。その1つはメソセラピーで、これはプロペシアやミノキシジルなどのAGAに対する有効成分を薄毛部分に注射するものです。この他にはHARGという治療法もありますが、これは幹細胞から抽出した細胞成長因子などを注入するもので、こちらも薄毛部分への注射となります。なお、HARGは女性の薄毛治療としても行うことが可能です。さらに、AGAの治療としては自毛植毛が挙げられますが、これは後頭部や側頭部などの育成が正常な箇所の毛を毛包ごとAGAの発症部分に植え付けるもので、自毛なので副作用が少ないというメリットがあります。

薄毛治療を選ぶ際に注意した方が良いこと

薄毛治療にはさまざまなものがありますが、一番大切なことは自分に合ったものを選ぶということです。薄毛の原因や症状、現在の健康状態などは一人ひとりで違いがあるので、効果的な選び方のためには、カウンセリングを行ってそれぞれの患者さんに合った治療法を勧めるクリニックに行くことが望ましいと言えます。また、治療薬を使う場合は副作用などに関しても十分に調べておいた方が良いでしょう。特に妊娠中や出産直後、未成年などの場合は体に影響が出やすいので、薬を慎重に選ぶことが大切です。さらに、ストレスなど精神面での原因によって薄毛になっている場合もありますので、そんなときは、そちらの面でのカウンセリングにも応えてもらえるようなクリニックを選ぶことをお勧めします。

まとめ

薄毛治療には、治療薬を服薬、塗布する方法と、育毛に効果的な薬剤や細胞の成長因子などを注射する方法がありますが、いずれを選ぶにせよ自分に合ったものを選ぶことが大切です。そして、そのためには事前にカウンセリングを受けられるようなクリニックに行くと良いでしょう。




このページの先頭へ