若年性脱毛症と壮年性脱毛症の違いについて | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

若年性脱毛症と壮年性脱毛症の違いについて

最近では、若年性脱毛症や壮年性脱毛症と呼ばれる症状に悩む方がたいへん多くなっています。では、この若年性脱毛症と壮年性脱毛症にはいったいどんな違いがあるのでしょうか。

若年性脱毛症と壮年性脱毛症の決定的な違いは、薄毛や脱毛が発症する年齢にあると言えるでしょう。

一般的に言って、十代から三十代の前半の時期に発症する場合は、若年性脱毛症と呼ばれています。つまり、まだ薄毛になり始める年齢ではない若い頃に既にその症状が出始めてしまうケースです。

その原因の一つは、生活習慣やストレスなどが原因となって引き起こされると言われています。このような場合、頭皮のかゆみやフケの増加が見られたり、さらには頭皮が赤くなって炎症を起こしたりすることもあります。これは脂漏性皮膚炎を患っている可能性があります。

また、若年性脱毛症になる別の原因は、AGAつまり男性型脱毛症です。AGAになってしまった場合、男性であれば主に頭頂部やおでこから、また女性であれば髪全体が薄くなってくるのを感じることでしょう。このように原因が違えば、対策も異なりますから、自分の薄毛の状態をよく見極めることが必要でしょう。

比較的若い時期に発症する若年性脱毛症とは異なり、三十代後半から五十代の時期にかけて発症するケースを、壮年性脱毛症と呼んでいます。壮年性脱毛症の原因は、男性であればAGAと言ってよいでしょう。また女性であれば、FAGAつまり女性男性型脱毛症と言えるでしょう。

その特徴としては、男性の場合、生え際が徐々に後退していったり、つむじ付近が徐々に薄くなっていったりするというものです。女性の場合は、やはり髪の毛全体が徐々に薄くなっていくという特徴を持っています。

頭皮で生成された男性ホルモンの影響で、育毛サイクルに狂いを生じさせ、薄毛を引き起こすと言われています。生活習慣や食習慣を改善することに加え、薄毛治療を専門としているクリニックを上手に利用して改善したいものです。




このページの先頭へ