プロペシアを服用することで起こり得る副作用まとめ | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

プロペシアを服用することで起こり得る副作用まとめ

propecia
AGA治療薬として知られるプロペシアは、脱毛の進行を止める効果があることから、男性型脱毛症に苦しむ多くの人が服用しています。しかし、人によっては少なからず副作用が発現することがあるため、用法について専門医と相談しながら服用することが望まれます。

プロペシアの主な成分とされるフィナステリドは、髪の毛にとって大敵とされるジヒドロテストステロンの生産を抑制し、発毛の成長期を正常にするこで髪の毛を健康なものにします。
服用による副作用のうち、軽度なものとして頭痛や眠気、腹痛や下痢などのほか、発熱や発疹、かゆみなどの症状が現れることがあります。多くは服用開始時の一時的な症状として現れますが、症状が継続的かつ長期的な場合には、一旦服用を中止するか、専門医に相談するようにします。

また、倦怠感や胃部不快感、食欲不振や吐き気などの症状が出ることもあり、これらの症状に気づいた場合は、症状や服用量について専門医に相談するのが懸命です。

その他の副作用として、血清前立腺特異抗原が低下することがあるほか、稀に勃起機能不全や精液量の減少、射精障害などを引き起こすことがあります。これら男性機能の低下は、適量を超えるプロペシアを摂取した場合に、男性ホルモン値が減少することで発症する可能性があります。適量より多めに飲んだとしても、副作用のリスクが増大するだけで、より高い効果が得られるわけではないため、用法や用量を守ることが重要となります。




このページの先頭へ