フサフサとした髪の毛を取り戻すために | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

フサフサとした髪の毛を取り戻すために

自分と同じ年代の友人や知人たちはフサフサとした髪の毛が生えているのに、自身の髪の毛は薄くなっていることで、引け目を感じて悩んでいる方も少なくないと思います。とくに、親しい友人などから冗談交じりに薄毛を指摘されることで、その言葉が心に響き、鏡で頭を見るのがつらくなってしまう人もいらっしゃるでしょう。

薄くなった髪の毛の症状の状態を知ること

薄毛になってしまった結果、他人の視線が気になってしまうようになり、円滑なコミュニケーションをうまくとることができなくなることもあります。そんなときには、薄くなった頭部を改善させることのできる有効な手立てを用いて、その症状を治したいと誰もが願っていることでしょう。そこでまずは、自分の薄毛が、どういった状態であるのかを正しく知ることも大切になってきます。男性の方の薄毛の種類には、生え際から薄くなっていくものと、つむじ付近の頭頂部が薄くなっていくものとに分けることができます。一般的に人の髪の毛は季節にもよりますが、1日あたり50本から100本ほど自然と抜け落ちていきます。しかし、ヘアサイクルが正常であれば、頭皮の毛根から再び産毛が生えてきます。

生え際などが薄くなってしまう原因

生え際やつむじ辺りが薄くなってしまう原因として考えられるものとしては、遺伝的要因の他にも、男性ホルモンの過剰な分泌や、正常なヘアサイクルを乱してしまう日常の生活習慣によるものなどがあげられます。男性ホルモンは、主に生え際周辺を中心としたところに密集して分泌されている傾向にあり、そのうちのジヒドロテストロンという男性ホルモンの一種の分泌量が増加していくことで、皮脂の環境を悪化させてしまい、髪の毛が薄くなってしまう症状を生み出す原因のひとつとなってしまいます。また、仕事などでのストレスの抱え込みや、それによる睡眠不足、栄養価の低い食生活、運動の不足などにより、規則的・健康的な暮らしを送っていない方の場合には、頭皮への血行が行き渡らず、毛根からの発毛力を弱めてしまうことになります。

根本的に薄毛の改善をしていくために必要なこと

薄くなった髪の毛を改善または、治療していくには、皮膚科やクリニックなどで診てもらうことにより、毛根へ活力を与え発毛を促す薬が処方され、服用し続けていくことで治療するといった方法などがあります。診察を受けることも大切ですが、根本的な薄毛改善に取り組んでいくのであれば、洗髪の際に、必要以上の力を入れすぎて頭皮にダメージを負わせないようにすることや、ヘアトニックなどを用いてマッサージをすることで固くなった頭皮を柔らかくして、血行を促進させるといったことも薄毛改善につながるといえます。同時に、ストレスを溜め込んで、タバコを吸いすぎている方であれば、徐々に減煙や禁煙したり、栄養バランスの整った日本食をはじめとする食生活へとシフトしていくなどといったことなども、おろそかにしてはいけないでしょう。

まとめ

生え際などが薄毛となってしまい、自信をなくしてしまった方々は、タバコやお酒の量を減らし、食生活を改め、適度な運動を生活習慣に取り入れながら髪の毛の様子をみて、それでも薄毛が治らないようであれば、クリニックで診察を受けるようにすると良いでしょう。何よりもストレスは、頭皮などへの血行を妨げる一番の原因となりますので、上手に発散させていくことを心がけていくようにすることをおすすめします。




このページの先頭へ