ハミルトン・ノーウッド分類とは?あなたの薄毛の進行度合いを確認して早期治療へ繋げましょう | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

ハミルトン・ノーウッド分類とは?あなたの薄毛の進行度合いを確認して早期治療へ繋げましょう

アメリカの医師ハミルトンが作った薄毛のパターンをハミルトン分類と呼び、後にノーウッド医師が改定を行った、AGA症状の分類法をハミルトン・ノーウッド分類と呼びます。全部で7つのステージに分けられ、進行パターンとして生え際から後退していくM型、頭頂部から少しずつ広がっていくO型の2つに分けられ、どちらか一方、もしくは両方が同時に進行します。

日本人で最も多く見られるのは頭頂部から少しずつ広がっていくタイプで、生え際も一緒に後退していくため、「Vertex Ⅱ型」が多いと考えられています。この分類方でAGAの症状と共に治療方針が決められ、1~2型の第一段階、3~4型の第二段階、5~7型の第三段階でそれぞれ分けられています。

第一段階では育毛シャンプーや育毛剤で頭皮ケアを行いながら、AGA治療薬を少しずつ投与し、現状維持と発毛を行います。まだ初期段階なので、焦る必要はなく副作用などのリスクが少ない方法を選択します。

第二段階では本格的に治療が必要と考えられ、AGA治療薬を中心にメソセラピーやHARG療法を併用して専念します。

第三段階はほとんど毛髪がない状態のため、AGA治療薬による治療は行いますが、毛母細胞が死滅している可能性があるため絶望的と考えられ、かつらや自毛植毛が勧められるようになります。

分類中3型までは毛母細胞が生きている可能性は十分にあるので、発毛治療は効果的ですが、5型以上になると薄毛を解消できるだけの効果は期待できないと考えられています。とにかく治療を始める前に、自分の薄毛の症状がどの分類にあたるか確認することが大切です。




このページの先頭へ