つむじ周辺からの薄毛症状に気づいたときの対策方法 | M字はげ治療病院|効果が期待出来ない治療はやめにしませんか?

つむじ周辺からの薄毛症状に気づいたときの対策方法

頭のつむじ辺りから髪の毛が薄くなっていく症状は、気づかぬうちにいつのまにか徐々に進行していきます。他人から指摘を受けたり、髪の毛をセットしているときなどに、ふとそんな自覚症状を感じたりした場合でも、あわてずに冷静な対策をすれば、その症状を治すことができます。

薄くなってしまった髪の毛の症状の種類

薄くなってしまった髪の毛を治す方法はいくつかありますが、まず最初に薄毛の種類について知っておくことにより、自分の症状に適した最善の対処をすることができます。髪の毛が薄くなっていくものの種類には、主に男性に発症しやすいAGAと呼称される男性型脱毛症があります。これは、頭のつむじ周辺から髪の毛が抜け落ちても、再び毛根から発毛してこないという症状を指します。一方、女性の方でもAGAと同様な症状が引き起こされてしまう女性系脱毛症、FAGAというものもあります。また、性別に関係なく長期に渡り、過度なストレスなどにさらされてしまったケースなどで起こる、円形脱毛症という症状をご存知の方も多いと思います。

男女の髪の毛が薄くなってしまう原因

男性が頭部のつむじ周辺の薄毛に気づいた場合、AGAである確率が高いといえます。AGAの原因となるものの代表的な例として、両親や親族からの遺伝があります。その影響を受けてしまうと、女性であっても男性と同様にして、頭部のてっぺんから薄毛症状が進行してしまうFAGAにかかる恐れもあります。男性と比べれば、女性の方が、髪の毛を生やす女性ホルモンが優位に働いているため、それらの症状に悩まされることは少なくなっています。しかし、慢性的なストレスや緊張などにさらされた日々を送っていると、正常なホルモンのつりあいを乱してしまい、男性ホルモンが優位となり、薄毛症状を助長させてしまうことになります。

AGAやFAGAといった症状を治す方法

これらAGAやFAGAといった薄毛を治す方法としては、溜め込んでしまったストレスや緊張感などを緩和させるために、深呼吸をするなどして気持ちを落ち着かせたり、趣味や運動に没頭する時間をつくっていくことにより、心的状況を安定させていくことが発毛に必要なホルモンのバランスを保っていく上で重要になってきます。また、早寝早起きや、栄養に偏りのない食事をとるなどして規則正しい生活を心がけ実践していくことで、正常なヘアサイクルに移行させていくことができ、頭皮への血行促進につながります。そうすれば、自然と毛根に活力を与えることができ、発毛を促すことができます。それでも薄毛症状に改善の兆しが見られないようであれば、薄毛治療の専門医に診てもらうことで、薄くなってしまった髪の毛を取り戻すことが可能になるでしょう。

まとめ

薄毛に悩まされている方は、自身の生活スタイル全般を見つめ直し改善させ、育毛剤などを使用しつつ様子をうかがいながら、自力では治すことができないと判断したら、薄毛治療専門医からのアドバイスを受けることをおすすめします。なお、これらのクリニックなどでは、無料相談を受け付けてくれるところもありますので、費用を無駄にしないためにも、そういった医療機関を選んで診てもらうことも大切になるでしょう。




このページの先頭へ